雇用保険は受給期間延長と就職困難者で3倍以上受給できるかも!

公開日: 2016年4月22日金曜日 雇用保険

傷病手当金の支給が終わった後も安心したい



病気や怪我で傷病手当金を支給してもらえた。
退職後にもらう方法も確認済みだし、とりあえずは安心。
でも傷病手当金は※1年6ヶ月で終了だし・・・。
支給が終わったらどうしよう・・・。

そのときあなたの味方になってくれるのは、
  1. 失業保険(雇用保険)
  2. 障害年金
今回の記事は

『失業保険(雇用保険)で損したくない!得したい!』

『障害年金申請がうまくいかなかった時にも備えたい!』

そんな人に役立つ内容です。

※健康保険組合によっては支給の延長ができる場合がありますので、ご自身の健康保険組合のHPや問い合わせなどで確認してくださいね。

札束を数える



失業保険(雇用保険)を2倍以上受給する方法



それはハローワークで就職困難者と認定されること

就職困難者については以下の記事でまとめています。

職安で聞いた!就職困難者の認定条件と障害者雇用の現状!

◇その為には以下の2つを失業保険(雇用保険)の受給資格認定時にハローワークに提示する必要があります。(意見書はハローワークの障害者用窓口で所定の用紙をもらってください。)

1.就労可能という医師の意見書
(求職活動が可能、就職できる状態が条件)

2.以下の中からどれか一つ

障害者手帳・精神障害者保健福祉手帳・療育手帳
医師の意見書統合失調症、そううつ病(そう病、うつ病含む)、てんかんの人)

※その上でハローワークが就職困難者だと認めれば、雇用保険(の基本手当)の給付日数が以下のように増えます。

  • 150日(雇用保険1年未満加入)
  • 300日(雇用保険1年以上加入で45歳未満)
  • 360日(雇用保険1年以上加入で45歳以上65歳未満)

でも、これからご紹介する雇用保険(失業保険)の受給期間の延長を行わないと、

『絵に描いた餅になります。』


※障害者手帳を取得できない方も、雇用保険の受給期間延長はお得です。

※職業訓練校を利用する方法でさらにお得になりますが・・・。
(ちょっとややこしいので今回は省略。リクエストがあれば・・・。)


雇用保険の受給期間の延長


傷病手当金は、雇用保険(失業保険)と同時に受け取ることはできません。
退職後も傷病手当金の支給のある人は、雇用保険(失業保険)は使わずに支給期間満了までとっておくことになります。
でも、とっておくだけだと受給期間が減ったり、なくなってしまいます。

そうならない為に行うのが、『雇用保険の受給期間延長』の申請

※離職日翌日から30日経過後の一ヶ月しか申請できない。

以下の画像の期間だけしか申請できないので注意!
早すぎても、遅すぎてもできないので十分に気をつけましょう!

受給期間延長の申請期間



延長しないと悲劇・延長すると安心


何もしなかったケースと延長したケースでどれぐらい違うのでしょう。
下の画像を使って詳しくご紹介します。


何もしなかったケース



Aさんは傷病手当金を退職後(自己都合)も受給しています。
被保険者期間が20年の為、雇用保険(の基本手当)の所定給付日数は150日です。

退職後200日間は病気で働けない為、傷病手当金を受け取りましたが無事回復。
その日に離職票を持って、雇用保険の受給手続きを行いました。

この場合の給付期間は以下の画像のようになります。

受給期間延長をしなかった場合


ではAさんが何日間給付を受けられるか計算してみます。


1.受給期間は原則一年間なので365日

2.傷病手当金を受け取る期間が離職日から200日間あったら、Aさんの受給期間は残り165日間となります。(365-200=165)

3.退職理由が自己都合なので、待機期間7日と給付制限の3ヵ月間(仮に90日間なら)は受給できない為、合わせて97日間は受給期間から除く。(165-97=68)

※Aさんの支給の開始は待機期間(7日)と給付制限(3ヵ月)が経過した後になります。


A.使える給付日数は最大で68日間


ということは?


Aさんが退職後の傷病手当金を268日以上受給したら


その時点で、失業手当は一円も支給されない。

 ※支給額が1日5,000円として、

150日ならば75万円(5,000円×150日)

就職困難者に該当した場合で、

360日ならば180万円(5,000円×360日)


これだけのお金をドブに捨てる可能性がある・・・。


落ち込む男性


受給期間の延長をしたケース(手続き方法もコチラ)


Aさんは傷病手当金を退職後(自己都合)も受給しています。
被保険者期間が5年の為、失業手当の所定給付日数は90日です。


ここから手続き方法(※手続きは郵送でもできる)


Aさんは退職日から32日目に、離職票と印鑑、延長理由を説明する書類(診断書等)を持ってハローワークへ行きました。

相談場所で受給期間延長申請書をもらって、その場で記入をしました。
無事に受給期間延長の申請手続きを完了。
その後受給期間延長通知書を受け取りました。


これで受給期間の延長手続きは完了!


ここからは延長した人の雇用保険(失業保険)受給の手続き方法


Aさんは退職日から268日経って、働ける状態まで病気が回復しました。
医師に傷病証明書(就労可能を証明するもの)を書いてもらいました。

ハローワークへ以下の書類を持って雇用保険(失業保険)の受給手続きに行きました。

  • 受給期間延長通知書
  • 傷病証明書
  • 離職票-1及び2
  • 自分を証明するもの(運転免許証や写真付きの住民基本台帳カード等)
  • 顔写真2枚(たて3cm×よこ2.5cm)
  • 認印(シャチハタは不可)
  • Aさん(本人)名義の普通預金通帳

Aさんは雇用保険(失業保険)受給の手続きを行い、無事に受給資格が決定。


これで雇用保険(の基本手当)の受給ができるようになりました!


しかも、給付制限の90日は延長期間中に消化とみなされてなくなります!


ではAさんは最大で何日間、雇用保険(の基本手当)の給付が受けられるのか?

A.最大で150日間受けられる

就職困難者の認定で300日の給付日数になれば、

最大で300日間も使える!2倍GET)

日額5,000円なら最大150万円受給!


※雇用保険(失業保険の受給手続きが遅いと使える日数が減る場合があるので注意してください!

やったー



雇用保険の受給期間延長について



雇用保険(失業保険)の受給期間の延長をすると、以下のようになります。


①医師から働けると証明される日まで受給期間一年を持ち越しできる(最長3年まで)

3年間の間であれば、医師から働けると証明されるまでの期間(つまり働けないと判断されていた期間)については、受給期間1年をそのままの状態で延長(スライド)していってくれる。
3年を経過してもまだ働けない状態であれば、離職日の翌日の3年後から自動的に受給期間1年がスタート。
受給可能な期間はそこから減少していくので、所定給付日数の多い人は損をする可能性が出てきます。


②就労可能と医師が『傷病証明書で証明した日』から1年間の受給期間となる

受給期間延長の手続き時に、ハローワークからもらった傷病証明書という書類で、医師が働けることを証明すれば、その日が受給期間の開始日となる。(ハローワークに確認済)


③退職理由が自己都合のときの給付制限3ヵ月間は、職業に就くことができない期間で消化されていく。(3ヶ月以上労務不能なら給付制限は0日になる)

⇒延長された期間>給付制限なので給付制限はなし。待機期間だけですぐに受け取れる。

受給期間の延長の説明図


※説明画像では200日が働けない期間となっています。

雇用保険の受給期間延長については以下の記事で詳しく説明しています。(↓クリック)

職安で聞いた!<雇用保険>受給期間延長の期限の意味!


精神障害での就職困難者の方へ


ハローワークで求職の登録をする際、

求人応募時に障害者であることを

明らかにするor伏せる(オープンorクローズ)が選べます。

伏せるにしても、雇用保険(失業保険)を受給する際の「就職が困難である者」の判断には
影響しません。

正直どちらがいいのかは人によっても、その時の場所や状況によっても変わるのでわかりません。
参考になりそうなのは、以下の記事です。

不安解消!ハローワークで就職困難者と障害者雇用の状況について確認してきた

これについてはまだ実際に体験していないのでリアルにご報告できません。
お役に立てなくてすいません。



まとめ


障害手当金を使って、さらに雇用保険(失業保険)も使う。
おまけに、障害者手帳や医師の意見書を使えばこんなにもお得になる。
それを知らずに損をしている人はたくさんいるはずです。

かくいう私は30歳を過ぎて初めて傷病手当金を知りました。
雇用保険の延長制度や障害者手帳については31歳のとき。
それまでの私は病気で一杯一杯になるばかりで、雇用保険(失業保険)が期限切れになるのも一度あきらめたことがありました。
あの時、傷病手当金を受給していたらあんなに苦しい思いはしなかった。
せめて、受給期間の延長をしていたら雇用保険(失業保険)がもらえたのに。
障害者手帳や医師の意見書を遠慮しないで提示していたら、人生が違ったのに。
と、そこまでは思っていませんが、もったいなかった・・・。

あなたの身近な人で病気で苦しんでいる人がいるのなら、ぜひこのことを教えてあげてくださいね。
私みたいに誰にも教えてもらえなくて、気付かない人は絶対にいますから。

最後に私の記事をここまで読んでくださった読者の皆様へ感謝を込めて。

『見てくれてありがとうございます!』
-

0 件のコメント :

コメントを投稿